エンジンオイルは好きなブランドか走り方で選ぶか?

MENU

スマホの車査定サービスでプリウスαを査定しました!

トヨタプリウスαを査定しました!

車の買取ってどこも同じだと思っていました。でも違ったんです。新車を、購入するときもどこのディーラーが値引きが多い?とかってやりますよね?車を売るときも同じようにどこが高いの?って比較するのは当然のように思ったのでできるだけ高く売れるようにこちらのサービスを利用してみたんです。

スマホの車査定サービスでプリウスαを査定しました!


2014年式(H26)のトヨタプリウスα1.8Sを売却することにしました。(査定時の走行距離63,052キロ)特に問題があったわけではありませんが、新潟から東京に転勤になってしまい、買ったばかりの車でしたがシブシブ売ることにしました。

オートバックスの車買取と他社の車買取を比較!


車を高く売るなら「比較する」ことと、ネットで調べてもそのように書いてあります。ですが、自力で複数の買取店をすべて回るのは正直非効率です。あなたの車を欲しいと思っていないところに査定をしに行っても意味がありませんよね。

そんなときに車一括査定サイトは、カンタンに10社ほどの査定額を調べることができるので便利です。査定額は思っている以上になったので、妻も納得してくれたので良かった!利用は無料です。

スマホやタブレットなら簡単です。愛車の買取価格がすぐにわかるのはかんたん車査定ガイドだけ!
かんたん車査定ガイドかんたん車査定ガイドで愛車の買取価格相場を調べてみる(無料)

オイル選びは好きなブランド?エンジンと走り方で選ぶ?

 

engine-oil

 

もう20年以上も前のエンジンオイル売り場と言えば純正オイルとそれ以外の石油メーカーなどのオイルがちょうど半々の割合であった。当時の純正は種類も多く企画別にそれぞれブランドが存在したようです。例えば日産ならばそれぞれ三ツ星・四つ星・5つ星といった具合で置いてあります。容量も1リットル4リットルだけではなく5リットルが用意されているものもあった。最近ではエンジンオイル売り場がそんな当時とは様変わりしたように見受けられる。純正オイルは各社2種類ぐらいあるだけでほとんどがそれ以外のオイルになっている。これは大型店でも同じことが言え全国チェーンの店舗ではプライベートブランドが中心で最近なんかなぜかモービルのオイルもよく見かける。

 

スーパーなどによく見られる安さを演出するような値段表示はほとんどなくなっています。まるでデパートのように上品な値段表があまり目立たないように作られている。並べ方は大抵メーカー別。プライベートブランドコーナーや、モービルコーナーなど。粘度(硬さ)はいろいろあって0ダブリュータイプもいくつか見られるようになった。それに引き換え規格はほとんどがSL・0SJもあるようだがSHがほとんど姿を消した。新しい規格が出れば古いものは消えていくということだ。逆に重視されているのが油の種類でベースオイルは「鉱物油」「部分合成油」「化学合成油」の3種類に分けられる。化学合成油が1番ですオイルとしての性能が高くエンジンオイルの必要要件全てに優れている。当然値段も高い。ちょっとエンジンオイルにこだわるドライバーは少々高くても良いモノ、化学合成油を使用する。これは1番最初に大きく宣伝したのがモービルワンだ。

 

エンジンオイルの規格は先日のものだけではなくこのほかにも省燃費に関わるものやヨーロッパ規格などである。ベテランでも正確に理解してアドバイスするのは難しいものだ。そこでオイル選びは細かい事は抜きで次の点を基準にして考えると簡単です。レースなど特殊な使い方をする場合はエンジンオイルにこだわりが強い人が自分を信じたものを使うのが1番良い。こだわりがない場合はツインカムや卵といったハイメが返信は基本的に必ず合成油を使うのが望ましい。予算が合わない時でも部分合成油にする。次に高回転粋を頻繁に使うユーザは粘度の高いものを選ぶがまる。メーカーで選ぶよりも車のエンジン使用条件に合ったもので1番解読のものにするのがエンジンオイルの賢い選び方といえます。

 

10万キロを超えたような古い車で、調子が悪いからエンジンオイルを交換した。でもまだ調子が悪いってなると、もう乗り換えを検討する必要があるかもしれませんね。その場合はこのサイトが非常に参考になるかも。車売却したい