2016年に一番売れた軽自動車の新車はどの車?

MENU

スマホの車査定サービスでプリウスαを査定しました!

トヨタプリウスαを査定しました!

スマホの車査定サービスでプリウスαを査定しました!


2014年式(H26)のトヨタプリウスα1.8Sを売却することにしました。(査定時の走行距離63,052キロ)特に問題があったわけではありませんが、新潟から東京に転勤になってしまい、買ったばかりの車でしたがシブシブ売ることにしました。

スマホの車査定サービスでプリウスを査定しました!


査定額は思っている以上になったので、妻も納得してくれたので良かったです。

スマホやタブレットなら簡単です。愛車の買取価格がすぐにわかるのはかんたん車査定ガイドだけ!
かんたん車査定ガイドかんたん車査定ガイドで愛車の買取価格を調べてみる(無料!)

2016年に一番売れた軽自動車の新車はどの車か調べてみました!

 

軽自動車の一番人気で売れている車に乗りたい!!

 

今一番人気のある軽自動車ってどんな車か知りたい!!

 

という風な感じで軽自動車のことを調べらている方のために今回2016年の1年間で一番売れた軽自動車について調べてみることにしました!

 

2016年一番売れた軽自動車は・・・

 

 

まず結論から言ってしまいましょう!

 

2016年に一番売れた軽自動車は、ホンダの「N−BOX」です!!

 

2016年の1月〜12月の販売台数が186,367台でどうどうの第1位でした!!

 

2016年度の販売累計台数ランキングをみておきましょう!

 

順位

メーカー

車名

2016年販売累計

12月販売数

2015年販売累計

ホンダ N−BOX

186,367

14,967

184,920

ダイハツ タント

155,998

10,299

157,756

日産 デイズ

105,731

11,429

150,696

ダイハツ ムーヴ

102,410

11,702

120,835

スズキ アルト

99,715

6,885

109,355

↑こちらの表情報は一般社団法人全国軽自動車協会連合会からの情報なので間違いない情報になります。

 

累計台数を比べていくとわかるのですが、N−BOXは相当売れています。

 

2位のタントと比較しても売れていることが分かりますが、3位のデイズと比べると年間で2倍弱ほどの売上においての差があることとなります。

 

N−BOXすごいですね。めちゃくちゃ人気です!!

 


↑↑CMでも日本で一番売れているということを絶賛してます!!

 

ちなみに2015年もホンダ「N−BOX」が累計台数1位です。

 

2015年の販売累計台数は184,920台。
(2位はダイハツのタント157,756台)

 

なぜこんなにもみんなが今N−BOXを求めているのか?人気の秘密についても調べてみました。

 

N−BOXの人気の秘密 〜いいところは?〜

 

 

いま日本で一番新車として買われる軽のN−BOXはなぜそんなにいいのか?

 

N−BOXのいいところを実際に乗っているオーナーの声をもとにあげてみたいと思います!

 

【N−BOXのいいところ】

  • 車内空間が広い(高さもある)
  • かっこいい
  • 視界がいい
  • ハンドルが軽くて運転しやすい
  • エンジンのパワーがある
  • 走行音が静か
  • 車体が広く・高く大きい割に燃費がいい
  • スライドドアがいい

N−BOXのいいところでよくあった声をまとめるとこんな感じでした。

 

乗られているオーナーでもっとも多かった声は車内空間がとにかく広いというところです。車内スペースが広く・高く、乗っていても窮屈でないところが非常に満足でこれらがN−BOXを選んだ理由になるそうです。

 

また運転のしやすさの声も多いです。ハンドルが非常に軽くスイスイ運転することもでき、さらにエンジンはF1エンジンを手がけていた方が設計したこともありパワー感が軽にしてはけっこうあるようです。

 

N−BOXの注意事項 〜悪いところは?〜

 

今度は逆にN−BOXの悪いところも同時に調べてみました。

 

N−BOXの悪いところを実際に乗っているオーナーの声をもとにあげてみたいと思います!

 

【N−BOXの悪いところ】

  • 広いので後部座席にまで手が届かない。
  • スタートの出だしが遅い気がする
  • 意外と音がうるさい(出だしにアクセルを多く踏む)
  • スピーカーの音がいまいち

N−BOXの悪いところでよくあった声をまとめるとこんな感じでした。

 

悪いところをまとめていて印象に残ったのは、メリットゆえに起こりうるデメリットや軽自動車ならではなのでしょうがないところです。

 

車内空間が広い分、手が届かないところがどうしても増えてしまったり、車内空間が広い分(大きい分)車重量が重いことから出だしの加速が少し遅く感じてしまったりするのがあるようです。

 

ここは正直しょうがないですね。広い・大きいならではの悪いところです。でもあくまで軽自動車なので、そこまで大差はないと個人的には思います。

 

 

まとめ

 

2016年に一番売れた軽自動車の新車はホンダのN−BOXでした!

 

小さい軽自動車の中でも抜群のゆったりした車内空間の広さは他の軽自動車よりも評価が非常に高いようです。

 

これから軽自動車の新車を購入しようかなという方はN−BOXも購入する候補のひとつにいれてもいいのかもしれないですね。

 

2015年・2016年と連続で販売台数1位ときたので、ここまで売れたのならこの調子で2017年も販売台数1位で鉄板の人気車種となってほしいものです!!