燃費重視の方必見!ダイハツ軽自動車の2017年新車16台比較

MENU

スマホの車査定サービスでプリウスαを査定しました!

トヨタプリウスαを査定しました!

スマホの車査定サービスでプリウスαを査定しました!


2014年式(H26)のトヨタプリウスα1.8Sを売却することにしました。(査定時の走行距離63,052キロ)特に問題があったわけではありませんが、新潟から東京に転勤になってしまい、買ったばかりの車でしたがシブシブ売ることにしました。

スマホの車査定サービスでプリウスを査定しました!


査定額は思っている以上になったので、妻も納得してくれたので良かったです。

スマホやタブレットなら簡単です。愛車の買取価格がすぐにわかるのはかんたん車査定ガイドだけ!
かんたん車査定ガイドかんたん車査定ガイドで愛車の買取価格を調べてみる(無料!)

燃費重視の方必見!ダイハツ軽自動車の2017年新車16台比較!

 

燃費・維持費のかからない車に乗りたいとお考えの方には軽自動車がおすすめです。軽自動車は普通車と比べると車体自体がコンパクトで燃費がよくお金がかかりません。

 

・・・とここまではほとんどのみなさんが知っていることだと思いますが、では、どの軽自動車を選べばいいのでしょうか?

 

たしかに軽自動車は燃費がよく、少ない燃料でたくさん走りますが、すべての軽自動車が燃費の良い車というわけではなく、中には燃費の悪い車もあります。

 

軽自動車の中でもどの車の燃費が一番いいのかを今回はダイハツの新しい軽自動車に絞って比較してみたいと思います。

 

軽と言えばダイハツ!軽に乗るならダイハツで間違いなし!

 

ホンダ、トヨタ、ニッサンなどたくさんの車メーカーが国内にはありますが、軽自動車に乗るのなら断然ダイハツがいいです。

 

なぜダイハツがいいのかというと、「国内で一番軽自動車に力を入れており、国内で一番軽自動車が売れているメーカーだからです。」

 

軽自動車のことをすでに調べられている方はご存知かと思いますが、ダイハツの国内利用者のニーズは3割以上を超えています。

 

ダイハツに乗っている方が多い理由付けとして、軽自動車の種類が多く、そして燃費の良い車が多い、アフターケアが安心できるというのがあげられます。

 

他社メーカーでももちろんいい車はありますが、軽自動車に関してはダイハツが軽自動車の質もサポートも一番です。

 

全国軽自動車協会連合会の軽自動車シェア割合2016

メーカー

2016年12月

シェア

ダイハツ

44,938

33.5%

スズキ

36,438

27.5%

ホンダ

26,064

19.7%

日産

13,764

10.4%

三菱

4,387

3.3%

マツダ

2,230

1.7%

スバル

2,935

2.2%

トヨタ

2,378

1.8%

その他

0.0%

合計

132,598

100%

 

2017年発売中のダイハツの新車の中ではどれが燃費がいい?

 

一般的に燃費に関しては新しい車であればあるほど燃費がいいように作られています。

 

2017年現在発売されているダイハツの軽自動車の中でどれが燃費がいいのか、ダイハツの新車16ラインナップを比較してみてみましょう。

 

※実燃費については走行場所や環境でだいぶ変わってくると思うので、あくまでも目安としてご覧ください。

 

@ コペン

 

 

新車価格:185万〜213万円
カタログ値燃費:22.2〜25.2km/L
実燃費目安:16.4km/L程度

 

燃費は普通

 

コペンは燃費が悪くもなくよくもないといった感じです。
コンパクトではありますが、スポーツカーの位置づけとして作られているので、燃費よりも走りに視野をいれて作られています。
小さいから燃費がいいという風には考えないようにしましょう。

 

 

Aミライース

 

 

新車価格:76万〜131万円
カタログ値燃費:32.2〜35.2km/L
実燃費目安:21.5km/L程度

 

燃費がかなりいい!燃費で選ぶならコレ!!

 

ミライースは燃費がかなりいいです!ミラシリーズの中でも群を抜いて一番よいモデルです。新車価格自体も安いので、コストパフォーマンスはナンバー1と考えていいでしょう!

 

 

Bミラココア

 

 

新車価格:118万〜165万円
カタログ値燃費:26.8〜29km/L
実燃費目安:17km/L程度

 

燃費かなりいい方

 

ミラココアはミライースについでかなり燃費がいい車両です。
かわいくコンパクトにをモットーにつくられているだけのことはあります。

 

 

Cミラ

 

 

新車価格:88万〜102万円
カタログ値燃費:21.6〜24.2km/L
実燃費目安:16.5km/L程度

 

燃費はいい方

 

ミラは「ザ・軽自動車」といったようなスタンダードな軽です。
大きくなくコンパクトでシンプルに作られており、走行燃費もいい方です。

 

 

Dキャストアクティバ

 

 

新車価格:122万〜171万円
カタログ値燃費:25〜30km/L
実燃費目安:16.8km/L程度

 

燃費はかなりいい方

 

新しいキャストアクティバは走りも充実していますが、燃費もしっかりいいです。
ダイハツの中ではミラシリーズの次にいいモデルと考えていいと思います。

 

 

Eキャストスタイル

 

 

新車価格:122万〜171万円
カタログ値燃費:25〜30km/L
実燃費目安:16.8km/L程度

 

燃費はかなりいい方

 

キャストスタイルもキャストアクティバとほぼ同じ程度の燃費が見込めます。
実走行した燃費としてもかなり良好ととらえていいと思います。

 

 

Fキャストスポーツ

 

 

新車価格:162万〜174万円
カタログ値燃費:24.6〜24.8km/L
実燃費目安:15km/L程度

 

燃費は悪い方

 

キャストスポーツは他のキャストシリーズのアクティバやスタイルとは違ってスポーツ性を重視しており、燃費としてはよくない部類に入ります。

 

 

Gムーヴ

 

 

新車価格:113万〜150万円
燃費:25.6〜31km/L
実燃費目安:16km/L程度

 

燃費は普通

 

ムーヴは室内空間もほどよく大きくゆったり乗れて燃費もそこそこです。
大きすぎず、小さすぎず、燃費も程よく、価格も高くないバランスのとれたいい車です。

 

 

Hムーヴカスタム

 

 

新車価格:135万〜179万円
燃費:25.6〜31km/L
実燃費目安:15.9km/L程度

 

燃費は普通

 

ムーヴカスタムはムーヴ同様に燃費はそこそこです。
大きい割に燃費はいい方なので、大きくて燃費がいい軽がいいのならムーブカスタムはいいと思います。

 

 

Iムーヴキャンパス

 

 

新車価格:118万〜166万円
燃費:27.4〜28.6km/L
実燃費目安:15.7km/L程度

 

燃費は普通

 

ムーヴキャンパスは2016年9月に発売されたばかりの新しい車です。
かわいらしいスタイリングに長細い車でたくさんの荷物が乗ります。
ムーヴほど燃費はよくありませんが、大きい割には燃費がいい方だと思います。

 

 

Jムーヴコンテ

 

 

新車価格:136万〜166万円
燃費:23〜27.6km/L
実燃費目安:14.1km/L程度

 

燃費はかなり悪い方

 

ムーヴコンテはムーヴシリーズの中でも燃費が一番悪いとされています。
かわいらしく広い空間が保てている車だとは思いますが、燃費重視としてはさけておいたがほうがいいかと思います。

 

 

Kムーヴコンテカスタム

 

 

新車価格:136万〜166万円
燃費:23〜27.6km/L
実燃費目安:14.1km/L程度

 

燃費はかなり悪い方

 

ムーヴコンテカスタムはムーヴコンテと同様に燃費がよくありません。
高級感がただようスタイリングはかっこいいですが、燃費重視ではありません。

 

 

Lタント

 

 

新車価格:122万〜165万円
燃費:24.6〜28km/L
実燃費目安:15.2km/L程度

 

燃費は悪い方

 

タントは他の軽自動車と比較して車体が長く居住空間を広くとっていることもあり、車両重量自体が重く燃費としてはあまりよくありません。
燃費より車内空間を取りたい方はタントがいいかもしれませんね。

 

 

Mタントカスタム

 

 

新車価格:152万〜187万円
燃費:24.6〜28km/L
実燃費目安:15km/L程度

 

燃費は悪い方

 

タント同様に室内空間が長く、燃費の良さはあまり見込めません。
室内空間重視の方にタントカスタムはおすすめです。

 

 

Nウエイク

 

 

新車価格:135万〜184万円
燃費:23.2〜25.4km/L
実燃費目安:14.2km/L程度

 

燃費はかなり悪い方

 

ドデカクつかおうWAKEだよでおなじみのウエイクは、軽自動車最大級の室内空間を誇るため、重量も最大級です(^_^;)
ダイハツ軽自動車の中でも燃費の悪さはトップクラスです。

 

 

Oアトレーワゴン

 

 

新車価格:140万〜173万円
燃費:13.8〜14.8km/L
実燃費目安:11.2km/L程度

 

燃費はかなり悪い方

 

アトレーワゴンは広い室内空間にターボ設計ということから大きい割に走りはいいのですが、燃費は悪いです。
大きい車両がいいけど、走りを求めたいという方にはバッチリな車両だと思います。

 

 

ダイハツ車両の燃費ランキング

 

ここまで2017年に発売しているダイハツ車両をひとつずつ紹介してきたのですが、いまいちどれが燃費がいい車両なのか分かりにくかったと思うので、一目で車両燃費の順位が分かるように表にてランキング化してみました。

 

2017年ダイハツ新車16台燃費順位(実燃費計測)

順位

車種名

燃費(km/L)

ミライース 21.5
ミラココア 17.0
キャストアクティバ 16.8
キャストスタイル 16.8
ミラ 16.5
コペン 16.4
ムーヴ 16.0
ムーヴカスタム 15.9
ムーヴキャンパス 15.7
10 タント 15.2
11 キャストスポーツ 15.0
12 タントカスタム 15.0
13 ウエイク 14.2
14 ムーヴコンテ 14.1
15 ムーヴコンテカスタム 14.0
16 アトレーワゴン 11.2

 

車種内容にもよりますが、ざっくりと燃費のいいシリーズを分けるとするのならば、

 

ミラシリーズ

ダイハツ軽自動車の2017年新車16台比較!

 

キャストシリーズ(キャストスポーツ以外)

ダイハツ軽自動車の2017年新車16台比較!

 

コペン

ダイハツ軽自動車の2017年新車16台比較!

 

ムーヴシリーズ(ムーヴコンテ以外)

ダイハツ軽自動車の2017年新車16台比較!

 

このような感じになってくるかなと思います。その他のシリーズや車種については燃費重視の車ではないと考えていいと思います。

 

 

まとめ

 

ここまでダイハツの2017年新車をベースに燃費比較をしてきました。昔の車と比較するとどの車も燃費は良くなってきているとは思いますが、ダイハツの中ではミラシリーズがぶっちぎりで燃費がいいです。

 

中でもミライースはカタログ値35.2km/L。実燃費で21.5km/Lをたたき出すほどの車なので、ダイハツで燃費のいい車を選ぶのなら「ミライース」で間違いないと思います。

 

軽自動車を選ぶポイントは燃費だけではないと思いますが、燃費で選ぶなら間違いなくミライースが一番です。

 

急加速や高速道路などで必要以上のスピードを出して走ったりしなければ実燃費20km/Lを下回ることはないのではないかと思います。

 

安全運転でゆっくり走るのが燃費をあげるのには一番です(^^)v

 

 

以上、今回はダイハツの燃費のよい軽自動車紹介でした。みなさまの参考になればと思います。