車検なしと車検2年付きの違い

MENU

スマホの車査定サービスでプリウスαを査定しました!

トヨタプリウスαを査定しました!

スマホの車査定サービスでプリウスαを査定しました!


2014年式(H26)のトヨタプリウスα1.8Sを売却することにしました。(査定時の走行距離63,052キロ)特に問題があったわけではありませんが、新潟から東京に転勤になってしまい、買ったばかりの車でしたがシブシブ売ることにしました。

スマホの車査定サービスでプリウスを査定しました!


査定額は思っている以上になったので、妻も納得してくれたので良かったです。

スマホやタブレットなら簡単です。愛車の買取価格がすぐにわかるのはかんたん車査定ガイドだけ!
かんたん車査定ガイドかんたん車査定ガイドで愛車の買取価格を調べてみる(無料!)

車検なしと車検2年付きの違いを解説!買うならどちらがお得?

 

中古車を買おうと思って中古車販売雑誌・中古車販売店・ネット中古車通販サイトを調べていると、車の詳細情報の中で「車検なし」「車検2年付き(車検整備付)」という内容があります。

 

普通に考えると車検がきれていたら車に乗ることがそもそもできないので、車検がない状態よりは車検2年付きの方が絶対にいいように思いますが、実は必ずしもそうでない場合もあるようです。

 

今回はこれから中古車を購入する方が損をしないように、「車検なし」と「車検2年付き」の違いについて詳しく徹底解説していきたいと思います。

 

車検なしとは?

 

まずは車検なしについて解説していきます。

 

車検なしというのは、その言葉通り車の車検がきれている状態のことを指します。

 

車検が切れているので、当然陸運局により車の検査・書類提出を行う必要があります。
よって、車検にかかる諸費用が車を購入するにあたって別途必要になってくることになります。

 

車検費用は車の排気量・大きさによってかかってくる車検費用も変わってきます。

 

【各自動車種別・車検費用目安】

 

主な内訳:法定費用(自賠責+重量税など)+車検整備費用

 

  • 軽自動車なら・・・6万〜10万程度
  •  

  • 5ナンバーの車なら・・・8万〜12万程度
  •  

  • 3ナンバーの車なら・・・10万〜15万程度

 

これから車検を通そうと思ったらこれくらいの費用が車体価格に加算されて販売されるということになります。

 

例)
車検なしの3ナンバーの中古車が20万円で売っていてそれを買おうと思ったら、現状の金額にプラスアルファで車検の上乗せとして10万〜15万円は価格が増えるということを覚えておかないといけません。

 

車検2年付きとは?

 

車検2年付きというのは、今現在車検が切れている状態で、車を購入するときに車検整備をしてお渡しをしますというものになっています。

 

なので、車検が今現在2年まるまる残っているという意味ではありません。
あくまでこれから車検を通すということが前提になってきます。

 

車検費用自体は車検2年付きとなっている分車検に必要な整備費用が車両販売価格に備わっていると考えていいと思いますが、お店によっては自賠責や重量税といった法定費用は含まれていない場合があるので注意が必要です。

 

車両価格が結局どれくらい必要かというのを判断する手軽な方法としては、車両本体価格を参考として見るのではなくて、「支払総額」の方を中心に見てある程度の必要な金額を把握するといいと思います。

 


↑↑オレンジ色の支払総額が車を買うのに必要な金額というのを覚えておきましょう。

 

まとめ

 

今回は「車検なし」と「車検2年付き」の違いについて解説してきました。

 

かんたんにまとめると、

 

  • 「車検なし」は車検がきれているもの。
  •  

  • 「車検2年付き(車検整備付)」は販売時において車検整備費用を付け加えて販売しているもの。

 

このような感じとなっています。

 

結局のところどちらも車検が切れています。
ただ2つを比べると車検2年付きのほうが車検がついているからお得なように見えます。

 

でも実際は車検2年付の整備費用が価格についているだけであってその分、車の支払いする価格が割高にあっているものも多々あります。

 

なので結論としては、「車検なし」「車検2年付き」はどちらであってもそこまで大差がないと考えてよいと思います。

 

あくまで車を乗るための最終的な「支払総額」がいくらになるのかというのが大事です。

 

「車検なし」「車検2年付き」というものにはこだわらず支払い総額ベースで車を探しましょう。
カーセンサー.netなどの中古車通販サイトで車を探す時は「支払い総額」を目安に探しておけばまず問題ないように思います。

 

良い車体・安い支払い総額のものを見つけることができたらあとは、しっかりその車に対しての問い合わせや実際に来訪をしてショップの方の対応(雰囲気)・アフターケアのことを視野に入れて購入するのがいいかなと思います。